ナローハイエースキャンピングカー

小型車サイズの取り回しやすさを優先
そんなユーザー様にこそコンパクトなナローラインアップを

ナローハイエースキャンピングカー
ラインアップ

AURORA EXCLUSIVE 5star
(オーロラエクスクルーシブ 5star)

ナローハイエースキャンピングカーにエアコンを標準装備。
さらに、ソーラー、冷蔵庫、電子レンジも標準装備した当社のフラッグシップ

AURORA EXCLUSIVE 7star
(オーロラエクスクルーシブ 7star)

エアコン標準装備のハイエースキャンピングカー。
エクスクルーシブ5starの三列目シートを横向きにすることで7人乗車を可能にした5starの進化形。

coming soon

EVANS
(エバンス)

EVANS エヴァンス

不必要な装備をそぎ落とし、就寝&積載スペースをしっかり確保する事を目指した、個性的なナローハイエースキャンピングカー。

AURORA STAR CLUISE
(オーロラスタークルーズ)

Aurora Star Cruise オーロラスタークルーズ

冷蔵庫を標準装備
車中泊、キャンプ、アクティブな趣味など何にでも使えるナローハイエースキャンピングカー

CLASSIC VAN
(クラシックバン)

Classic van クラシックバン

積載能力抜群なので、レジャーやアウトドアにおいて、積極的にキャンピングカーライフを満喫したい方のための、タフなナローハイエースキャンピングカー

ハイエースキャンピングカーとは

ハイエースのボディサイズ

ハイエースのボディサイズは、「幅」と「長さ」で分けることができます。
・【幅】は、ナロー(1695mm) と ワイド(1880mm)の2種類があります。
・【長さ】は、ロング(4695mm) と スーパーロング(5380mm)の2種類があります。
ナローのスーパーロングはありませんから、以下の3種類がハイエースのボディサイズということになります。

ハイエースのボディーサイズ

さらにルーフの高さは【標準ルーフ】1980mm、【ミドルルーフ】2105mm、【ハイルーフ】2285mm の3種類あります。

つまりハイエースの種類は
・ナロー+ロングボディ+標準ルーフ
・ナロー+ロングボディ+ ハイルーフ
・ワイド+ロングボディ+ミドルルーフ
・ワイド+スーパーロング+ハイルーフ
の4種類になります。

ケイワークスは車高2mの立体駐車場にも駐車できるサイズの、【ナロー+ロングボディ+標準ルーフ】と、車高2.1mの【ワイド+ロングボディ+ミドルルーフ】の2車種を中心にラインアップを展開しています。

ナローハイエースのエンジンと駆動方式

ナローハイエースのエンジンと駆動方式の組み合わせは以下の3種類になります。
・ガソリン+2WD
・ディーゼル2WD
・ディーゼル4WD

ガソリン車が欲しい場合は2000ccの2WDのみ。
4WDが欲しい場合はディーゼル車のみ。

ガソリン車には4WDの設定がありませんので、どうしてもガソリン4WDが欲しい場合は、
ワイドミドルハイエースから選ぶことになります。

小型車サイズのコンパクトなハイエースキャンピングカー

今回、ケイワークスがご提案するナローハイエースキャンピングカーは、【幅】1695mm【長さ】4695mm【高さ】1980mmなので、スーパー等の高さ2メートル制限の立体駐車場にもそのまま入っていけるコンパクトなハイエースキャンピングカーです。
ナロー標準ルーフの魅力は、何といっても、その車両サイズが小型車サイズのワンボックスカーとほとんど違いがないため、街中での日常使いがとても楽だという点です。
日頃からワンボックスカーをお使いの方ならば、苦も無く乗り換えが可能ですから、ご夫婦で運転を交代しながら長旅ができるというメリットにも注目が集まっているのです。

コンパクトサイズの車両に、充実した車中泊機能が備えれば、いつものようにご近所のスーパーマーケットに車を入れて、食材を買って詰め込めば、そのままご家族そろってキャンピング旅行に出発できます。
急に思い立った旅行でも、安心して寝られる装備のおかげで、宿の手配や宿泊料の心配が一切なくなるので、ご家族や仲間たちを誘いやすくなります。
まさに、 ライフスタイルを根本から変えるコンパクトなハイエースキャンピングカー なのです。

思い立ったが旅日。普段着のような気軽さで、ナローハイエースキャンピングカーをどんどんお使いください。
使えば使うほど、車中泊が広げてくれる自由な旅の面白さのとりこになっていくことでしょう。
いとも簡単にキャンプや車中泊の旅に行けてしまう驚き、今までのライフスタイルでは考えられなかった行動力が一挙に目覚めます。
日本には未だ知らない美しい風景がたくさんあります。その時、そのタイミングでしか味わえない絶景を探して東へ西へ…。ナローハイエースキャンピングカーが、お好きなところに連れて行ってくれるでしょう。お子様とご家族そろって遊べる時期は限られていますから、ここからの10年を大切に。導入のご決断をけっして裏切ることのないのが、ケイワークスのキャンピングカーです。

ナローハイエースキャンピングカーのデザインコンセプト

ワイドボディーと比較すれば、両サイドの幅は約18cm短くなるのですが、その空間をいかに快適に過ごしやすくするかが、ケイワークスの腕の見せどころです。
「普段使いの町乗り車として女性でも安心して運転できる車格でありながら、無理なく就寝できる余裕ある空間を備え、極上のリビングとして車中泊ライフを楽しむことができる」
これがナローハイエースキャンピングカーのデザインコンセプトです。

ナローでも十分に広いリビング空間を作ることができます。写真はセカンドシートを後方に向け、ラウンジ型にした様子です。

家具はナロー用の薄型家具を使用するので、ベッド展開した時の面積も、荷室として利用する時の面積も最大幅で活用できます。

セカンドシートも利用し、フルフラットベッド展開するので、大人でも十分にくつろいで就寝できるスペースが確保できます。

ベッド展開中でも荷室部分にスペースが残り荷物を置くことが可能です。さらにベッドマットの下にもスペースができるので活用できます。

伝統の三河家具職人が作り出す一級品の家具

ケイワークスのナローハイエースキャンピングカーの家具は、伝統の三河家具職人が作り出す一級品の家具で、ひとつひとつ手作りで仕上げた最高級品です。家具は路面からの微振動の影響を受けやすい部分ですから、建て付けは寸分のガタもなく強固に作り上げています。また、木材への塗装も美しく、飽きのこないデザインと質感は同業他社の追随を許しません。キャンピングカーだからこそ、最上のくつろぎ空間を演出したい。そのためには絶対に妥協しない。家づくり以上のこだわりをもって、内装のすみずみに細かい神経を行き渡らせて製造しています。

美しいインテリアは、LED照明とともに、落ち着いた空間を実現します。圧迫感の無い空間がバランスよくコーディネートされることで、言葉にできない居心地のいい空間が完成します。

美しいだけでなく、家具は実用性も兼ねていますので、使い勝手よく車中泊を楽しんでいただけます。ナロー用の薄い家具でも必要な収納や作業スペースなど、細かい配慮で痒いところに手がとどくはずです。

豊富な電気系統はキャンピングカーだったらはずせません。車中泊に十分な装備はもちろん、オプションでアップグレードすれば、充実したキャンピングカーライフを実現していただけます。

車種によっても家具の配置や標準装備などは変わってきますが、豊富なカスタマイズもありますので、お客様の「欲しい装備」を、まずはお気軽にご相談ください。

ナロー・標準ルーフのキャンピングカーなのに大人気のエアコンを装備可能

オーロラエクスクルーシブエアコン

ケイワークスのナローハイエースキャンピングカーは、ハイエースのなかで最も小さく、全長4695mm×全幅1695mm×全高1980mmというサイズはセレナやヴォクシー等と同じ小型車サイズです。

しかし、オーロラエクスクルーシブ5starや7starなら、そのコンパクトなサイズに、車中泊で大人気のエアコンを標準装備しています。
さらに電子レンジや冷蔵庫までも標準で装備しています。

しかも7starなら乗車定員は7人なので、大人数でも移動可能。

コンパクトなサイズながら小ささを感じさせない、フル装備可能なケイワークスの自信作です。

注.7starは間もなく発売予定です

エアコン搭載までの経緯

エアコンを設置するためにはいくつかの大きな問題が立ちはだかりました。


一つ目は電気の問題です。
エアコンは消費電力が大きいため、既存のバッテリーでは長時間稼働することが出来ませんでした 。
その問題を一気に解決したのがケイワークスの開発した電力システム「メビウスシステム」の存在です。

MEVIUS安全性1

メビウスシステムは、ケイワークスオリジナルの高性能リチウムイオンサブバッテリーと高出力の310Wソーラーパネル及び外部充電システムを効率よく組み合わせることで可能としています。

オーロラエクスクルーシブには、100Ahのリチウムイオンバッテリーが3個搭載されており、サブバッテリーの合計容量は300Ah。
これで、平均消費電力500Wのエアコンを5〜6時間は稼働できる計算になりました。

※ただし外気温やその他電化製品の使用により使用可能な時間は異なります

オーロラエクスクルーシブエアコン

二つ目の問題はスペースの問題です。
エアコンを長時間稼働するためには大容量のバッテリーが必要になります。
しかし、通常のバッテリーでは大きすぎる為エアコンを設置するスペースが確保できませんでした。

そこで、ケイワークスはオリジナルの薄型バッテリーを開発。
薄型なので車内レイアウトを 自由に設計することが可能になり、300Ahのリチウムイオンバッテリーとエアコンを同時に搭載することが来ました。

エアコンの設置によるデメリット

エアコンを装備した場合、その設置場所を確保するため、その分の車内の生活空間が犠牲になります。
また、リチウムイオンバッテリーはまだ高額なので、通常の鉛バッテリーに比べて製造コストが増えてしまいます。
また真夏の日中の炎天下では、さすがに本来のポテンシャルは発揮できないことがあります。
ただ、それらのデメリットより、ワイドミドルやナローハイエースキャンピングカーにエアコンを装備できるメリットは計り知れないくらい大きいものだと思います。

バンベースハイエースキャンピングカーの足回り

今まで 乗用車のミニバン に乗られていたお客様が、ハイエースキャンピングカーに乗り換えた時に一番辟易するのが乗り心地ではないでしょうか。
特にセカンドシートやサードシートに乗られたご家族やご友人から、乗り心地の悪さを指摘される事が多いと思います。
本来は荷物を載せることを目的とした商用車なので、乗用車のミニバンなどに比べると足まわりは固く、荒れた路面や段差を乗り越えていく際には、どうしても揺れを感じてしまいます。
バンベースの後部跳ね上げの症状は、板状のバネが4枚で構成されているリヤサスペンションの、一番下にあるベースとなるリーフスプリングの硬さが原因です。

ケイワークスでは、このベースリーフサスを外して、ヨーロッパのサスペンションメーカーとタイアップし、オリジナルアイバッハリーフスプリングを開発して対策しました。
アイバッハ社はF1への装着率も高く、特に高速安定性能を求められる輸入車において抜群の信頼度を獲得しています。

当社ラインナップのオーロラ・スタークルーズシリーズには、この跳ね上げ対策のリーフスプリングが標準で装備されているので安心です。


2種類から選べるポップアップルーフ(オプション)

ナローハイエースキャンピングカーにポップアップルーフを装備すれば、車内空間が一気に広がります。
車高は2.1mになりますが、ナローハイエースと思えない快適なキャンピングカーライフを満喫することが可能です。

ポップアップルーフ(超撥水・帆布生地)

キャンバス仕様のテントは、雨に強く耐候性に優れたタイプです。撥水係数1000を超える超撥水仕様で、左右あわせた3面がそれぞれ、全開、全閉、メッシュウィンドウと使い分けられるテント生地です。

水平ポップアップルーフ(防水 ・撥水生地)

新生地、防水 ・撥水生地採用。 
外部からの水は遮断し、内部からの水蒸気は外へ逃す、まさにポップアップテントの生地革命です。

ケイワークス広島店

広島県のキャンピングカー専門店
KWORKS正規販売店
ケイワークス広島

☎:082-814-3820
mail@kworks-hiroshima.com

〒731-0223
広島県広島市安佐北区可部南1丁目3-15
OPEN  9:30~18:00
CLOSE 毎週月曜日、第2火曜日

ケイワークス広島ショールーム